ホットワインの魅力

飲み残してしまったワインは今まで、父が頑張って飲むか、母が料理に使っていました。でも先日、友達との集まりで偶然その話題になり、お酒好きの一人に聞いてみたところ「ホットワインにすればいいよ」と言われました。ワインは冷やして飲むものとしか思っていなかった私は、ホットの言葉にびっくりです。

温めたワインに香辛料を入れたものを、ホットワインと言うようですね。フランスではヴァンショー、ドイツやオーストリアではグリューワイン、北欧ではグレッグって呼ばれているのだとか。

作り方もそんなに難しくないようで、友達はレンジでチンして柑橘系の果物を入れて飲んでいるとのことでした。友達を疑うわけではありませんが、本当にそんなものでいいのかと「ホットワイン」でネットを検索してみたら、レシピがたくさん出てきました。鍋に香辛料を入れて煮込むというのが、一般的なようです。

でも手間もかかるし……最初はレンジでチンでもいいですかね。お試し的な意味で。今度ワインを飲むときに挑戦してみようと思います。夏でも冬でも緑茶を飲む私なので、温かくて美味しいなら一年中楽しめそうです。本来の楽しみ方とは違っても、自分が美味しいのが一番、ですよね。

ホットワイン、私には新しい言葉ですが、世界で名前がついているあたり、有名なのでしょう。フランス、ドイツ、オーストリア、北欧。冬が寒い地方だから、それを乗り切るために試してみた人がいたということでしょうか。