【DRC コルトンについて】

コンタクトレンズ使用者は必見!!>>> レンズモードの最安値サイトを知る
眼科医が教えるコンタクトレンズ選びと通販!

 

DRC コルトンは、ロマネコンティ社(以下、DRC社)が、2009年から製造を始めた、
比較的、新しい特級ワインです。

古くから、高級ワイン製造の第一人者として、世界に広く名を知られているDRC社ですが、
DRC コルトンは、同社が満を持して、世に送り出した、新しいワインなのですが、
その歴史は、2009年、フランスのブルゴーニュ地方のコート・ド・ボーヌ地区に、
DRC社が、新しい特級畑を借りて、新たな赤ワインを作り始めた事により、始まります。

ちなみに、DRC コルトンの、全世界における平均販売価格は、約11万6千円との事ですが、
DRC社の中では、比較的、安価な部類と言って良いでしょう。

DRC コルトンの原料に使われている葡萄は、ピノ・ノワール種なのですが、
ワイン批評家や、ワイン愛好家の間でも、非常に高い評価を集めています。

また、DRC コルトンは、
限られた年度しか生産されていないという、貴重なワインでもあるのですが、
最初のヴィンテージが2009年で、その後、2010年、2011年、2012年に製造されています。
中でも、2009、2010、2011年が当たり年で、最初に製造された2009年が、特に素晴らしい出来栄えであると言われています。

このように、誕生してから、まだ歴史が浅いにも関わらず、
DRC コルトンは、非常に評価が高く、また、ワイン愛好家達からも絶大な人気を誇っているのですが、
それも偏に、DRC コルトンというワインの味わいが、非常に素晴らしいものである、という事に尽きるのではないでしょうか。
是非とも、DRC コルトンの素晴らしさを、味わって頂ければと思います。