ワインを飲むときの最適温度

ワインは冷蔵庫に入れて良い物とそうでない物、その時間があったりと色々と面倒だったりします。
それも種類ごとに違っていたりするため、一概にどうするのが良いという基準が定められない厄介な飲み物です。それらのワインを飲む際の最適温度について、少し解説していきます。
まず、原則としてあるのが赤ワインは常温で、白ワインは冷やして、というものがあります。大体間違ってはいないのですが、すべてにおいて当てはまるわけではないので柔軟に対応していく必要があります。

赤ワインについて。
赤ワインの適温は大体12~18℃。種類によってこれらの温度を保つ必要があります。
渋みが多くてコクがある、例えばボルドーワインやブルゴーニュワインなどについては17℃前後をキープすると良いそうです。逆に渋みが少なくまろやかな赤ワインについては15℃前後が最適温度となります。
例外としてボジョレーなどの軽めの赤ワインについては12℃をキープするのが一番おいしく飲む方法となります。
次に白ワインについて。
白ワインは基本的には冷やして飲む物がほとんどです。一番高い温度でもブルゴーニュワインなどは14℃程度、高くても16℃になります。それ以外のワインは基本的に10℃を下回って飲むのが基本で、甘口になるにつれ温度を低くしていくと良いそうです。
シャンパンやスパークリングワインなどは常に冷蔵庫に入れておいて問題ないです。
ちなみに、それらの温度を適温に保つための道具という物もちゃんとあります。
ワイン用のデジタル温度計や、冷蔵庫で冷やして使うワインセプターという白ワインを冷やす道具など、美味しく飲むための工夫は色々な点でできると思います。

コメントを残す