月別アーカイブ: 2017年12月

25年以上醸造中……1990年という当たり年に生まれた、DRCロマネコンティ

DRCロマネコンティの当たり年のうちの ひとつ、1990年。このブドウはとても出来がよく、ロマネコンティ以外のワインも、素晴らしい味に仕上がっています。
だからこそどれも人気があり、価格も高くなっていますので、ワイン愛好家にとっては、憧れの年とも言えるでしょう。
しかし1990年と言えば、今から二十五年以上も前のことなんですよね。DRCロマネコンティの熟成期間としては、とても長いということはないですが、
人間にしてみれば、赤ん坊が成人を超える年月です。しかも生まれは、誰もが認める当たり年! それだけの間、美味しいワインがひたすら樽の中にいたなんて。
瑞々しいブドウから生まれた奥深く薫り高いルビー色を、想像するばかりです。
私の周りには自称ワイン好きが多いけれども、皆で「もうこれは伝説なんじゃ ないか」と話したりもしているんですよ。
なにせ、話に聞くばかりで、誰も実際に飲んだことがないからです。デイリーワインで奮発しちゃった、というのとはランクが違いますからね。
かく言う私も、1990年のCDRCロマネコンティ……当たり年の王者は、当然口にしたことはありません。たぶん今は、飲み頃と言われる時期のはず。
本当に、このワインに出会える人が羨ましいです。でももう飲んでいる方もいらっしゃるわけですから、未開封の物が、世界にどのくらい残っているのでしょうね。
1990年という当たり年のブドウと、醸造家たちの技術と情熱を含んだ、DRCロマネコンティ。今後も価値は、どんどん上がって行きそうです。