月別アーカイブ: 2014年9月

ワインテイスティングについて

食事の時に、ワインを楽しむ際に、
是非とも覚えておきたい事の一つに、
ワインテイスティングという物があります。
ワインテイスティングとは、
高級レストランなどで、ワインを注文した際に、
ソムリエが持って来たワインを、
注文した人が、そのワインを飲む前に、
自分の意に沿うワインかどうか、
確かめる儀式のようなものです。
ワインテイスティングには、いくつか「お約束」のような決まり事が有ります。
まず、客がワインを注文し、ソムリエがワインを持って来た時、
ソムリエがワインのラベルを客に見せて、
「こちらのワインです」
と、客に確認を求めますので、
間違いなく、自分の注文したワインかどうか、そこで確かめます。
次に、ソムリエがワインのコルクを抜き、
コルクの臭いを嗅いで、
「ブショネ」
と言われる、不快な臭いがしないかどうかを、チェックします。
次に、ソムリエがワインをグラスに注いでくれますが、
注いでもらったワインを、まず目で見て、不純物が混ざっていないかどうかなどを確認します。
なお、高級レストランであれば、
客が、ワインを確認しやすいように、
白いテーブルクロスである事が普通です。
目で確かめた後は、
客は、時計回りとは逆に、2~3回、回た後、ワインの香りを確かめます。
これはワインを酸素に触れさせて、
良い香りを出させる意味合いが有ります。
そして、ワインを軽く口に含み、
味わいに問題が無いかどうかを確かめ、
問題が無ければ、ソムリエに
「結構です」
と、伝えます。
この一連の流れを覚えておけば、
高級レストランに行っても、困る事はないでしょう。
是非とも、覚えておく事をお勧め致します。