【DRC コルトンについて】

コンタクトレンズ使用者は必見!!>>> レンズモードの最安値サイトを知る
眼科医が教えるコンタクトレンズ選びと通販!

 

DRC コルトンは、ロマネコンティ社(以下、DRC社)が、2009年から製造を始めた、
比較的、新しい特級ワインです。

古くから、高級ワイン製造の第一人者として、世界に広く名を知られているDRC社ですが、
DRC コルトンは、同社が満を持して、世に送り出した、新しいワインなのですが、
その歴史は、2009年、フランスのブルゴーニュ地方のコート・ド・ボーヌ地区に、
DRC社が、新しい特級畑を借りて、新たな赤ワインを作り始めた事により、始まります。

ちなみに、DRC コルトンの、全世界における平均販売価格は、約11万6千円との事ですが、
DRC社の中では、比較的、安価な部類と言って良いでしょう。

DRC コルトンの原料に使われている葡萄は、ピノ・ノワール種なのですが、
ワイン批評家や、ワイン愛好家の間でも、非常に高い評価を集めています。

また、DRC コルトンは、
限られた年度しか生産されていないという、貴重なワインでもあるのですが、
最初のヴィンテージが2009年で、その後、2010年、2011年、2012年に製造されています。
中でも、2009、2010、2011年が当たり年で、最初に製造された2009年が、特に素晴らしい出来栄えであると言われています。

このように、誕生してから、まだ歴史が浅いにも関わらず、
DRC コルトンは、非常に評価が高く、また、ワイン愛好家達からも絶大な人気を誇っているのですが、
それも偏に、DRC コルトンというワインの味わいが、非常に素晴らしいものである、という事に尽きるのではないでしょうか。
是非とも、DRC コルトンの素晴らしさを、味わって頂ければと思います。

「ドンペリ」

看護師求人はどこで探せば良い???>>> 大阪看護師の求人一覧サイト
医師が教える転職と医療求人募集の探し方!

「ドンペリ」といえば「キャバクラやホストのシャンパンタワー」というようなゴージャスなイメージがある高級品です。ただ、ドンペリはシャンパンの一つの銘柄にすぎないため、同じドンペリでもさまざまな種類やランクがあります。そもそもなぜドンペリが高級シャンパンとして高値で取引されているかというと、フランスのシャンパーニュ地方で醸造されたものであること、AOC法と呼ばれるフランスのワインに関する法律に定められた基準を満たしていることなどにくわえて、ドンペリは最高級クラスの収穫ブドウで醸造されているためです。

それではドンペリの主な種類とランクを見てみましょう。

ドンペリニヨン レゼルヴ ドゥ ラ ベイ
ドンペリの中でも最高級クラス。薄いベージュ色のラベルで『ドンペリ ゴールド』と呼ばれることもあります。熟成期間は約20年と長期にわたるため希少性が高く、高値で取引されています。

ドンペリニヨン エノテーク
ラベルの色から『ドンペリ黒』と呼ばれることもある約16年寝かせたシャンパンです。エノテークは市場にあまりで回らないため、値段も高騰しています。

ドンペリニヨン ヴィンテージ
世間でドンペリといえばこのヴィンテージを指します。オリーブ色の瓶とラベルが特徴で、ドンペリの中では手頃ですが熟成に約8年の時を掛けた貴重な1本です。

赤ワインと健康効果

国内産で人気のあるコンタクトレンズは??>>> シード ワンデーピュアうるおいプラスコンタクトの激安通販がわかるサイト
眼科医が教えるコンタクトレンズ選びと通販!

赤ワインに入っているポリフェノールがアンチエイジングに効果があるというのは、以前から知っていました。しかしダイエット効果があるというのは初耳です。
なんでも脂肪細胞の成長を遅らせる効果があるのだとか。この細胞に蓄積される脂肪の量が増えると、太ったということになるらしいです。
ちょっとした豆知識ですね。
ただ、いくら飲んでもいいというものでもないようです。健康にいいとはいえ、しっかりお酒ですからね。
よく言われるのは、一日にグラス一杯程度、でしょうか。時々たくさん飲むよりは、毎日少しずつを続けるのがいいとも聞きます。
そういえば日本酒も一日一合なら害にならないといいますものね。それと同じようなことなのでしょう。
それにしてもポリフェノールで老化を予防して、ダイエット効果もあるなんて、赤ワインはまさに無敵という気がしています。
しかしもちろん、いいことばかりではありません。赤ワインのあの赤い色。
あれは白い歯をくすませると言いますし、体質によっては頭痛を引き起こす人もいるらしいです。
これは二日酔いとは違って、ワインの中の成分にアレルギーを起こしている可能性があるのだとか。
こうなると無理をして飲むと体に負担になりかねません。摂取はあくまで自分のペース、可能な範囲でということになるでしょう。
実はお酒はあまり得意ではないのですが、ちょっとだけ、赤ワインを続けて飲んでみたくなりました。
今は小さなボトルもありますし、試してみようかなと思います。

【2012 オーパス・ワンについて】

夏に向けてダイエットしよう!!>>>千葉ダイエットジムを比較できるサイト
博士が教えるサプリメント選びと通販!

オーパス・ワンとは、カリフォルニアワインの銘柄の名称ですが、
オーパス・ワンには、音楽用語でいうところの、「作品番号1番」という意味が有ります。

オーパス・ワンは、1979年、アメリカのモンダヴィと、フランスのボルドーのフィリップ・ド・ロートシルトの共同会社が設立された際に、
「カリフォルニアワインのナンバー湾を目指す」という意味も込めて、高らかに、「作品番号1番」を意味する、
オーパス・ワンという名称のワインとして、大々的に売り出されました。
そして、オーパス・ワンは、発売から瞬く間に世界を席巻し、あっという間に、
カリフォルニアワインのみならず、世界を代表するワインの一つとなりましたが、
それは偏に、オーパス・ワンというワインの味わいが素晴らしく、
ワインとして、非常に優れているという理由あってこそなのです。

そのオーパス・ワンの中でも、近年、最も当たり年と言われているのが、2012年のオーパス・ワンです。
2012年のオーパス・ワンが、それだけ評価が高い理由としては、
オーパス・ワンの原料である、カベルネ・ソーヴィニヨン種のブドウ作柄は、「破格」と評されるほど、
最高に出来栄えが良い年だった、という事が挙げられます。

いくら、オーパス・ワンの味わいが素晴らしいとはいえ、原料であるブドウの出来が良くなければ、
残念ながら、その味も落ちてしまう事になってしまいますが、
前述の通り、2012年のオーパス・ワンの原料のブドウは、抜群の出来だったわけです。

ちなみに、2012年のオーパス・ワンは、非常に人気が高く、
全てのワインの中でも、検索数はベスト10に入っているとの事です。

また、2012年のオーパス・ワンは、最安値が3万4000円ほど、という事ですが、
18本ボトルのセット販売なども有り、どちらも、人気を集めています。

なお、2012年のオーパス・ワンの飲み頃は、2016~2040年との事で、
今まさに、飲み頃を迎えているという事になりますが、

近年のオーパス・ワンの中でも、出色の出来である2012年のオーパス・ワンを、
是非とも、味わって頂ければと思います。

【サントリーシングルモルト白洲18年について】

ウイスキーならこのサイト必見>>>サントリー 山崎18年シングルモルトウイスキーの最安値を調べる
ロマネコンティ【Vin】と世界名酒の通販ガイド!

サントリーシングルモルト白洲18年は、
サントリーにより製造・販売されている、日本を代表するシングルモルトウイスキーです。

サントリーシングルモルト白洲18年は、
まるで熟した果実のような深い香りと、ほのかなスモーキーさを併せ持っていますが、

その味の秘訣は、酒齢18年以上の長期熟成モルトが、
深い香りとほのかなスモーキーさを醸し出している、という所に有ります。

サントリーシングルモルト白洲18年は、
サントリーの公式サイトにもある通り、複雑なコクと甘み、馥郁とした樽香が、見事に調和し、
その事により、スモーキーで心地よい余韻が、サントリーシングルモルト白洲18年ならではの、独特な味わいを生み出しています。

サントリーシングルモルト白洲18年の色味は、濃い黄金色であり、
メロン、マンゴー、ミルクキャラメルなどの香りと、ほのかに薫るスモーキーさが特徴です。

味は、はちみつのような甘さと、甘酸っぱさを併せ持っており、
前述したような香りと併せ、非常に味わい深い飲み心地であると言えるでしょう。

サントリーシングルモルト白洲18年の販売サイズは、 レギュラーサイズは700mlであり、
アルコール度数は43度と、これは他のウイスキーと変わりはありません。

また、サントリーシングルモルト白洲18年は、
2015年 SWSC 最優秀金賞、2016年 SWSC最優秀金賞、2016年 ISC 金賞、 2017年 ISC金賞など、数々の賞を受賞していますが、
その華麗な受賞歴は、いかに、このサントリーシングルモルト白洲18年が、高い評価を集めているかという事を、物語っていると言えるでしょう。

ちなみに、サントリーシングルモルト白洲18年は、 南アルプスにある白洲醸造所で、酒齢18年以上のモルトを利用して造られており、
その事が、サントリーシングルモルト白洲18年という名称の由来になっています。